ちゃぶ台の歴史

今も尚、多くの日本人に親しまれるちゃぶ台。
特に木製のちゃぶ台には日本独特の文化と深く関係があるようです。

ちゃぶ台の歴史について調べてみました。

ちゃぶ台の由来

ちゃぶ台と食事の関係

家族がみんな揃ってひとつのテーブルで食事をとる。現代の私達は当たり前にしていることですが、実は明治以前、江戸時代ではあり得ないことでした。
古代から江戸時代に於いて、庶民の食卓と言えば銘々膳(めいめいぜん)を使うのが普通で、その形も身分が高い人ほど豪華につくられたものでした。

奈良、平安時代の支配層では中国から入ってきた大きなテーブル、当時は台盤(だいばん)とか机(つくえ)と呼んでいたらしいですが、これを宴会の時などに使う事はあったようです。
その場合でもやはり同じ食卓には身分の同じ人しかつくことはできません。

江戸時代までの日本はこのように、とにかく縦社会の色が強かったため、そもそもちゃぶ台のようなものが生まれる余地がなかったのです。

ちゃぶ台の普及時期

明治時代に入ると、急にそれまでの武家中心の縦社会から一変したか?と言うと、そうでも無いようです。

まず西洋文化を推進していた支配階級者たちは西洋館を建てました。
そこで必然的に洋風のテーブルも取り入れられます。

ここで支配層から徐々に同一食卓で食事することを受け入れていき、そうすると街中にも西洋料理屋、ミルクホール、ビヤホールなどのテーブルを使う洋風の飲食店が生まれ、一般の人々の意識も少しづつ変わっていきます。

一方で都市部の労働階級者はそれまでの封建的な束縛が地方よりも少なく、住まいは狭かったことから、何よりも家族全員が揃って囲めるちゃぶ台が実用的でした。
そのような理由からも徐々に使われるようになります。

その普及の仕方は明治10年~20年代から少しづつ使われはじめて30年代後半から一気に加速していったとみられます。

ちゃぶ台の語源

今でこそ私達は何の違和感もなく使っている「ちゃぶ台」という言葉ですが、よく注目してみると、「ちゃぶ」って何? と思いませんか?

小泉 和子氏著「ちゃぶ台の昭和」によると「ちゃぶ台」の語源には3つの説があるようです。

説1.

当時、中国料理のことは「卓袱(シッポク)料理」と呼ばれていましたが、この「卓袱」と言う字は、中国の広い地域で使われている唐音でしたが、中国南部の発音では「チャフ」と呼ばれていて、その呼び方が入ってきて「チャブ」と変化した、と言う説

説2.

その南中国地方では食事することを「チャフン」とか「ジャブン」と言っていて「食事する台」という意味で当時、日本にたくさん来ていた中国南部の人々の言葉からきている説

説3.

ちゃぶ台が作られ始めた当時、「チャブチャブ」という牛肉を使った西洋料理があったことから、それに似た、アメリカ人向けにつくられた中国料理「CHOP SUEY(チョップスイ)」を出す店のことを「チャブチャブ」とか「チャブ屋」と呼んでいた。そこでは未だ珍しいテーブルスタイルであったこともあり、チャブ屋の台と言う意味でちゃぶ台となった説。


現在、ちゃぶ台を漢字で書くと「卓袱台」と書くのが主流かと思いますが、結局これは当字であって、ほかにも「茶袱台」と書く場合もあるし「食机」と書いて「ちゃぶだい」と読ませる場合もあるようです。

一方、地方によっては「ちゃぶ台」と呼ばずに「しっぽく台」とか「飯台(はんだい)」と呼ぶ地方もあるそうです。

ちゃぶ台の語源。結局はっきりとこれ、と言うものではなく、先の3つの要素があいまった形で普及した言葉なのではないでしょうか?

ちゃぶ台は時代の象徴

ちゃぶ台は明治以前、銘々膳を使っていた日本人が初めて身分の違う者同士、同じテーブルで食事するようになる大きな転換期の象徴とも言えます。

現在、「複数人で一緒に使うテーブル」と言えば和室に置くような座卓が思い浮かびます。
これも「中国料理屋」がきっかけとなりましたが、こちらは富裕層を中心に広まったようで、一貫して高級思考がみてとれるデザインばかりです。

一方で庶民の間に機能重視で広まったのが私達が「ちゃぶだい」と聞いて真っ先に思いつくあのちゃぶ台です。
質素な材料で控えめな装飾にとどまっているものがほとんどですね。

ちゃぶ台の定義

結局の所、ちゃぶ台と呼ばれるものにはどうやらはっきりとした定義は無いようです。

最初に卓袱料理(中国料理)屋で使われていたものは天板の縁に雷文模様が施され、脚は猫脚だったりして明らかに中国風のデザインだったようですし、刳りもの脚が使われてるものも多くあり、これらは西洋の技術ですから、そこから日本の大工などの職人が独自の改良を加えながら作り始めます。

初期のちゃぶ台はどれも固定脚だったようです。

そこから京や江戸の狭い家でも使い勝手よく改良されたのが折りたたみ脚のタイプだったと推測できます。

はっきりしないちゃぶ台の定義ですが、言ってしまえば「複数人で一緒に食事が取れるテーブル」と言うことになるのでしょうか。

でもやっぱり現代の私達にとっては、畳の上に座って使え、不用なときは脚を畳んでしまうことのできるあの台、こそが、ちゃぶ台ですよね。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする