合板の歴史

合板の歴史について確認します。








合板発祥のきっかけ

合板がつくられ始めたのはいつからか?
調べてみても正確にははっきりしていませんがおおよそ、情報をまとめると紀元前3500年前~1500年前の古代エジプトに始まったようです。

”薄く剥いた板を木材などの表面に張り合わせる”、といった、今では何と言うことのない手法の様に感じますが、木材の表面を真っ平らにする技術やぴったり剥がれないように張り合わせる接着材の開発、さらには圧着技術など、合板には多くの技術が駆使されています。

数千年も前からつくられ始めた理由としては現代も同じところがあり、良質な木材ばかり使えば当然、良質な木材は不足するわけで、内部は質の悪い木材でも表面のみ綺麗な材を張ることでこの問題点を合理的に解消していたと考えられています。

合板の経緯

合板製造の技術は古代エジプト時代から長い年月をかけ徐々に手工業として発展していきます。

主にヨーロッパに於いてのローマ時代、ルネッサンス時代には、家具やドアに合板を使用していたことが分かっています。

そして1797年にイギリスの海軍技術者、サミュエル・ベンサムは世界初、合板製造装置についての特許を申請。

その後、19世紀初め頃、ノーベル賞の祖であるアルフレッド・ノーベルの父で実業家のイマニュエル・ノーベルがロータリーレースで得られた単板を使い、合板を開発しました。

19世紀中頃には最初のロータリーレース機械がアメリカ合衆国に設置されて以降、世界中で工業化が始まります。

一方日本では1907年(明治40年)、名古屋にいた浅野吉次郎という人物が独自にベニヤレースを開発し、そこから工業化されていったため、合板製造に関しては名古屋が中心となり全国に広まっっていきました。

初期の合板から現在

創生期の合板では大豆グルー、ミルクカゼイン、膠(にかわ)などの接着材が使われていましたがその品質は、特に耐水性の悪いものでした。

用途としては茶箱、楽器、家具の製造に使用されていましたが、合板=剥がれる板と言ったイメージが持たれていました。

その課題が克服されたのは1950年(昭和25年)頃、尿素系の接着材が開発されたことによります。その効果で用途は建築用材にまで広がりました。

最後に

合板は家具製作に限らず、建築業界でももはやなくてはならない存在かと思います。

幸か不幸か、現在日本では世界でも上位に位置する合板生産国であり、アメリカ・中国に次ぐ合板消費国でもあります。

構造用合板を始め建築に合板を使用することはコストや加工性など、その使い勝手の良さという利点が大きいかと思いますが、忘れてならないのは「合板=もはや木ではない」事とその有害性です。

地球環境が危ぶまれ、あらゆるプラスティックなどの化学合成物に囲まれた健康被害が叫ばれている中、創生期の合板とは比較にならないほど品質は向上しているとは言え、ホルマリン臭やホルムアルデヒドが皆無ではないため、そのデメリットについて、私達は今一度慎重に調べてみた方が良いかも知れません。

妥協せざる得ない部分は多々ありますが、せめて木製家具を選ぶ時には、是非とも無垢材のものを取り入れたい。私はそう考えています。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする